【Lv.1】「ノーマルサビキ」でアジを釣る!

アジを釣る方法はいろいろありますが、最も簡単でポピュラーな方法が「サビキ釣り」だと思います。

仕掛けのセットも釣り方もお手軽なので、釣り初心者やファミリーフィッシングでは定番中の定番である「サビキ釣り」です。

また、簡単に、比較的多くの魚種を狙えるのがサビキ釣りの特徴でもあります。

今回はこの「サビキ釣り」の中でも最もメジャーな釣り方でアジを釣ることに関して、記事を書いてみます。

この釣り方を「ノーマルサビキ」と私は呼んでいます!

仕掛けの特徴

この記事で呼ぶ「ノーマルサビキ」とは、針が疑似餌の形となって複数個連なっているものを、足元付近に垂らして釣る方法を指します。

疑似餌なので、本物のエサがなくても釣れてしまうお手軽さがノーマルサビキの良いところです。

サビキ釣りでは撒き餌の「アミコマセ」を使用して魚を寄せ集めます。

使用している仕掛け

①数釣り自慢(スキン)

3セット300円くらいで安いです。

金袖ハゲ皮

アジの口切れ防止でたまに使います。250円くらいです。


ノーマルサビキの長所・短所

【長所】

・手軽さ

仕掛けのセットが楽で、エサがなくても釣れるときは釣れます!

釣り場に着いて、すぐに釣り始めることができるのも良いところです。

・仕掛けが比較的安価

値段は安い物で1つ100円、高くても350円程度なのでリーズナブルな釣り方です。

・手返しの良さ

仕掛けを沈めれば釣れるので、アジの時合いが短くても数を稼ぎやすいのもメリットですね。

【短所】        

・疑似餌ゆえに食いつきが渋い場合がある

種類の違うノーマルサビキ仕掛けを同時に垂らしても、スキンやハゲ皮などの違いで片や全く釣れないということもあります。

・夜釣りで釣るのは難しい

夜だと視覚に訴えることは不利になり、エサなら臭いで捕食されますが、疑似餌を見つけ食いつくことはなかなかないでしょう。

ノーマルサビキ仕掛けの構成

仕掛けの全体の構成は、①サビキ仕掛け②コマセかご③錘の3点が基本です。

ただし、コマセかごが錘と一体になっているものもあり、その場合、かごの位置はサビキ仕掛けの下に付けます。

また、かごをサビキ仕掛けの上に付ける場合は、網やプラスチック(ロケット型)のかごになります。

かごの中には寄せ餌として「コマセ」を入れます。これで魚を集めないと、ノーマルサビキの威力が発揮されません。

主に冷凍ブロックで売ってるアミコマセや、チューブ状で出てくるようにパックされたコマセなどをカゴに詰めます。

錘を付ける場合は仕掛けの一番下に付け、上から、カゴ→サビキ仕掛け→錘の順になります。重さは、私の場合3~6号くらいで、潮の流れの速さ等に応じて使い分けています。

ノーマルサビキでの釣り方

仕掛けを足元に垂らしてある程度沈めたら、カゴからコマセを出して撒くために、竿を上下に大きく動かしてしゃくります。

狙う魚のいる水深(タナ)を探りながら、コマセを撒いて魚を寄せて、食いついてくるのを待ちます。

まとめ

疑似餌の付いた針でのサビキ釣り、ノーマルサビキを簡単にご紹介しました。

最もポピュラーと言いながらも、使うサビキ仕掛けの種類(スキン、ハゲ皮等)、色、針の大きさを選んだり、カゴの位置は上か下か、種類は網、ロケット、錘付きのどれにするか、、。

意外と奥の深い釣り方だと思っております。

アジ狙いでも出番の多い釣り方なので、釣行記録の記事で、どのようにしてノーマルサビキ仕掛けを使ったのかも書こうと思っています!